全教北九州市教職員組合(全教北九州)
5Tの組合─楽しく・つながり・ためになる・助け合う・頼りになる─

全教北九州教職員組合は、すべての子どもの成長・発展を保障する教育と条件整備を実現するために活動しています。

せんせいふやそう 投票しよう

政治が変われば予算の使い方が変わります

2019年度の予算は防衛費の伸びが突出しています。大企業や富裕層の税負担が軽いのも特徴です。防衛費を削り、税負担のあり方を見直して、それを教育にまわせば、教職員を増やし長時間過密労働を解消することができます。
たとえば、F35B戦闘機5機分645億円で教職員を約1万人ふやすことができます。

誰もがお金の心配なく学べる制度を

「お金がなくて進学をあきらめざるを得ない」、そんな中高生が増えています。やっとの思いで進学しても授業慮のためにバイト漬け…。そんなげんじつもひろがっています。これは政治の責任です。誰もがお金の心配なく学べる制度づくりが必要です。
安倍首相は、改憲の口実に「教育無償化」をあげていますが、今の憲法で無償化は実現可能です。憲法を変える必要はまったくありません。

トピック

おしらせ

更新しました

「せんせい ふやそう」ネット署名へのリンク 相談無料・秘密厳守の全教北九州ほっとライン 電話093-280-4776 全教のウェブサイトへのリンク 全教共済のウェブサイトへのリンク 安倍9条改憲NO!全国市民アクション